自分に自信をつけるには(後編)

こんにちは!しばらく暖かい日が続いたと思ったら、また激寒です…最近の日本は夏が暑すぎて、冬は寒すぎて、光熱費がかさみますが、いまや冷房も暖房も生命維持のための必須アイテムですね。この私が2日続けて投稿。明日大雪になったらすみません…

さて、前回えらそうに前編!などと書きましたが、後編は、アメリカの大学に行ったのはいいけど、誰一人知った人のいない場所で、言葉の壁や、人種の壁にぶち当たって、とても大変だったよ、と要約すればこれで終わり(^^;)すみません、話せば長いし、昔の話過ぎて何が大変だったのかもう思い出せなくて(笑)多分、いろいろ苦労をしたのだと思います。でも卒業するまでは絶対に帰らないと決めた自分との約束を果たしたことで、やっと長年のコンプレックスから解放されることが出来たのです。そう、自分に自信をつけるということは、自分自身を信用できる人間に自らを育てるということだと思います。それは人にやってもらうことではなく、自分にしか出来ないこと。しんどい作業ではあるけど、この揺らぎない自分を信じるという根底があれば、多少の困難があってもへこたれることはないと思います。一生懸命自分育てをしている人は、他人と自分を比べるヒマなんてないはず。

もしこれを読んでくれている方が、生き方に悩んでいたり、自分を変えたいと思っているなら、どうせ無理だからと楽な方に逃げないで、まずはしっかりと自分に向き合って、無理と思っている目の前のハードルを越えることに必死になってほしいです。自分を好きになれたら、人生は絶対楽しくなります!なんか悩み相談みたいなブログになりましたが(^_^;)これだけ書いたら、どれだけ立派な人間かと思われそうですが、一旦インストールしたものも、最新の状態に保つには常にアップデートが必要なように、私も現状に満足することなく、自分育てを続けていかなければと思います。

誰一人知り合いのいなかった外国で、帰る頃には沢山の友達が出来ました。自分に自信をつけることができたのは私の努力だけど、それを支えてくれた人が大勢いることも忘れずに、私も誰かの応援をする側になりたいと思います(^-^)そろそろ賃貸物件の動く季節です。お引越しの予定のある方、精一杯応援させて頂きますので、ご連絡お待ちしておりますね!

シェアする

フォローする