再び空き家問題

こんにちは!今年も残すところあと15日となりました!冬至前のこの時期は日が暮れるのが早くて、1日がとても短く感じます。私は朝起きた時に暗いのが苦手で、冬は起きるのが遅いのでなおさらですね^^; 冬至過ぎたら、少しずつ太陽と過ごせる時間が長くなりますね!

さて、暑いのは無理ですが、寒さには結構強い私は、相変わらず空き家を求めて歩き回っています。空き家…本当にびっくりするぐらいいっぱいあるんです。私が主に探し歩いているのは、駅からも近く、利便性の高いエリアなのですが、ご近所の方に聞いて回ると出るわ出るわ、本当に空き家まみれ。空き家らしき家のお隣さんに聞き込みをしているのですが、対応してくれる方もまた高齢者ばかり。それもひとり暮らしの女性が多いです。あれ?私の住む明石市は、若い世帯が増加中で、来年中核都市になるんじゃなかったっけ?若い人はいずこに…?若い世帯で持ち家が欲しくて探している人はたくさんいるのに、物件がないないと、狭い賃貸に住まざるを得ない状況。長年放置の空き家、空き地と持ち家を求める世帯をマッチング出来ないのが現実です。

登記簿謄本から所有者を探しあてて、運良くお会いすることが出来ても、みんなそれぞれに売れない理由があって、親からの相続で兄弟複数人が所有者になっていることが多く、兄弟同士が仲悪くて絶縁してるとか、兄弟のうちの一人が認知症だとか、20年以上空き家だけど、所有者は施設に入ったままだとか、ようやく売れる段階までこぎつけても、今度は希望価格が合わないとか…問題あるある。この高齢の相続人達が近い将来亡くなって、さらに相続人が増えると…と思うと、気が滅入ります⤵ニュースでも取り上げられているように、現在の所有者すらわからない物件もいっぱい。

政府も空き家問題に真剣に取り組んでいくようだし、大手不動産屋もあれこれ対策を考えてはいるでしょうが、本当に難しいですね~ちなみに私の実家、神戸の中央区ですが、先日久しぶりに帰ってみたら、やはり空き家まみれでした。とにかく私はコツコツと所有者を当たっていくことしか、方法がわかりません…本当に地味な地味な作業です。

シェアする

フォローする