最近思うこと

またまたご無沙汰になりました!気づいたら暑い暑いと言っていた夏は過ぎ去り、季節は秋に移り変わっていました^^; 日々仕事のこと、勉強のこと、世の中のことと頭の中で考えていることはいっぱいなのですが、それをなかなか活字に出来なくて、すみませんm(_ _)m 開業した時の、有意義な情報を伝えていくっていう約束守れてないですね⤵ こう見えていい加減なことは書けない性格?Twitterもアカウント作ったのになにもつぶやけない(^^;)でも発信していかなければ想いも伝わらないのはよくわかっています…これからは目標毎日投稿!?(大きく出てしまった!)毎朝の新聞タイムの後に書くとか、とにかく書くことを習慣づけたいと思います。

最近考えさせられることとしては、女性専門の不動産屋として開業しましたが(これからも女性専門ですが)、女性だけでなく男性も、そして若い世代だけでなく、シニア世代でもいわゆる格差が広がっていると実感することです。格差はどの時代にもあったし、なくすことは不可能と思いますが、でもこれからどんどん格差がひらいていって、中流階級がいなくなったら、どうなっちゃうんだろうと不安になります。

ここで政治批判を書くつもりはありませんが、国の政策と現実はいつもちょっとズレている。表向きに見るGDPや有効求人倍率が示すほど、一般庶民の生活は豊かになってる?たとえば最近の若者の車離れというけれど、それは車に興味がなくなったのではなくて、車買うほどの生活に余裕がない人が増えたのでは?と思うのです。魅力的な車を作ることも大切ですが、まずは購買力を持つだけの世代が増えないと…外出が増えたっていうけど、一人あたりの単価は下がってます。政治家が思っているよりもっともっと大多数の庶民の生活はつつましいのだ。

一部の人達だけが潤っている社会では、国は成長しないと思います。だからといって高所得者の税率をどんどん上げるというのも、違う気がするし…不動産屋になってから、何故かそんなことばかり堂々巡りで考えています(。-_-。)

何日か前の新聞にあった言葉ですが「黙っていることは支持すること。反対ならばはっきりそう言いなさい」と。格差問題をはじめ、この国の様々な問題に対して改善していくには、みんなが考える頭を持つことが大切と思います。私もその一人として。すみません、徒然なるままに書いてみました。

シェアする

フォローする