明石市について

私は生まれも育ちも神戸市の、生粋の神戸っ子です。神戸っ子はそもそも神戸育ちにプライドを持っているので、住所が神戸市じゃなくなるなんて絶対にムリ!と私も若い頃は思っていました。それが結婚して、何故か西へ西へと流れ着いて、明石に暮らすこと20年余り。今では明石大好き人間です(^-^)神戸市民でいた頃は隣の明石市に何の興味もなく、明石に行くといえば何年かに一度の免許更新の時ぐらいでした。今でも私の学生時代の友達の神戸市民たちは、明石?西の方に興味ないわ~と思っている人が多いと思います。

が、しかし!近年この明石市が熱いんです。一昨日の朝刊にも載っていましたが、あちこちで人口減、少子化が危ぶまれる中、人口がどんどん増えている!出生率も2年連続で増加中。若いファミリーがぞくぞく転入してきています。なぜ今明石?

子育て支援やシングルマザーの支援など、行政が頑張っていることは大きな要因だと思います。でも福祉が充実しているからだけでは移り住む理由として決定的ではないと私は思います。明石住民として、明石の魅力を分析してみると…とにかく住みやすい!のひと言です。スーパーがいっぱいある、明石駅前には子どもを遊ばせる施設や図書館がある、そこそこおしゃれな店もある、海が近くて明石海峡大橋が見えて、ロケーションバッチリ(→海が近くにあることは元神戸市民の私には外せないポイント)昔から住んでるおじいちゃん、おばあちゃんが多いけど、結構フレンドリー、子ども会が充実している、私の住む山下町は毎年町内のバス旅行があるのですが、幼児もお年寄りもみんな一緒にワイワイ盛り上がってます。明石、西明石は新快速停車駅なので、西にも東にも移動が楽、さらに西明石は新幹線も乗れる!子どもが市外の学校に通うことになっても通学させやすい、そしてオマケですが、私の住んでいる山下町からはなんとディズニーランド行きの高速バスも出ているのです♪♪と、とにかくいろんな面で住んでいて心地いいんです。

そんなこんなで、今注目の明石市!人口が増えて行政が更に充実して、もっともっとオシャレに便利に変わっていってくれるのは大歓迎です。しかし人口が増えることで生まれる問題もあります。中でも私が不動産屋として頭を悩ませているのが、物件の無さです…駅近の便利な所はなかなか土地がなく、マンションも強気の高値。このままどんどん値上がりしていけば、若い世帯には住みたくても手の届かない明石になってしまう…出ていく人が少ないのに入ってくる人が多いんじゃ、そりゃ住むところなくなりますよね。住居問題、明石市はどう対応するの?

と、ここまで書いたところで、そうだ!わからないことは聞いてみよう!と、今日の午後早速明石市役所のシティサービス課というところに直接聞きに行ってきました。

担当の方の説明によると、市の方も住宅問題には関心があると。しかし、明石市といっても集中しているのは明石、西明石、大久保までで、それより以西にはまだ新しく人が入ってくる余裕が十分にあるので、まずは明石西の魅力について語っていきたいとのことでした。あと空き家問題も時間はかかるが解決していきたいと。魅力について語っても、実際便利で住みやすいなきゃ人は入って来ないよね。空き家問題は所有者の割り出しや相続絡みでややこしいからどこの行政も尻込みしてるけど、本気で解決に向けて動かないと、空き家はいっぱいあるのに、若い世帯は住むところがないというおかしなことになってしまう。

明石市が目標とする人口30万人まであと5,000人切ってます。住宅問題に待機児童etc,,,課題は山積みですね。

シェアする

フォローする